こんにちは、

2016年11月中旬には、スーパードラゴンボールが稼動予定です。

大画面ディスプレイ、タッチパネルなどの機能が付いた新筐体になります。

ヒーローライセンスもスーパーヒーローライセンス(バナパスポートカード)になります。

一番変わったのは、使用カードが5枚から7枚になったことです。

7枚に増えたおかげでチームの攻撃力、HP、戦闘力が増えたことになります。

では、7枚に増えて、より使えそうなカードなどをあげてみます。

 

1ラウンドキル

7枚に増えたことにより、必殺技発動に必要なヒーローエナジーを溜めやすくなりました。

初期気力が2あるヒーロー、エリートは、7枚全出しすれば、

戦闘力14000稼げることになり、

ヒーローエナジー7個溜めることができます。

ヒーローエナジー確保用にカード枠を使わなくてもよくなりました。

ダメージディーラー4、5枚入れて、あとは、ガードを下げたり、

CIに勝ちやすくするために敵のCIスピードアップや

ミラクル発生率アップのカードを入れればいいと思います。

 

超ユニット技

これも同じように、ヒーローエナジーを溜めやすくなったため、

発動しやすくなりました。

1ラウンド戦闘力をアップさせたり、ヒーローエナジーを確保すれば、

2ラウンド発動も簡単です。

 

その他人数増加により強くなりそうなカード、アビリティ

Zアビリティ

「Z戦士の底力」×5+「Z戦士の本気」+α

(「異次元からの使者」や「全宇宙ツフル化計画」など)でデッキを組めば、

「強靭な肉体」などの妨害がない限り、約7.6倍のダメージで叩けることになります。

(HGD4-25孫悟飯:青年期の画像リンク)

 

バトルカプセル

人数が多くなった分、敵に当たる人数も増える可能性があります。

敵に投げるカプセルは、必ず1個は敵のいるラインに落ちます。

「体力カプセル」が、敵がたくさんいるラインに落ちたら、いいダメージになります。

 

HGD10-SEC魔神ドミグラ ゴッドメテオ

アタッカー人数分、サポーター人数分、効果アップするので、

人数が増えた分、効果も大きいです。

「タンバリンの妨害」や、「邪な魔導師」などと一緒に使えば、

より多くの敵を巻き込めます。

107347357

 

HGD4-18タンバリン(タンバリンの妨害)

「タンバリンの妨害」で、敵アタッカー人数分、敵のパワーがダウンするので、

敵が多くアタックエリア出すタイミングで使うと大量のパワーがダウンできます。

「邪な魔導師」やサポート効果のゴッドメテオなどと一緒に使えば、

より多くの敵を巻き込めます。

105634802

 

 

HGD8-32ホイ(邪な魔導師)

「邪な魔導師」で、敵サポーター人数分、敵のパワーとガードがダウンするので、

よりサポートエリアを使いにくくなります。

「タンバリンの妨害」や、アタックエリア効果のゴッドメテオなどと一緒に使えば、

より多くの敵を巻き込めます。

105633663

 

 

HUM4-22ヤムチャ(的確なアシスト)

「的確なアシスト」で、仲間サポーター人数分、自分チームのヒーローエナジーがアップするので、

1人出しすれば、6個ヒーローエナジーを確保できます。

hum4-22

 

 

HG8-12孫悟空(伝説の救世主、ヒーロー降臨ユニット)

「伝説の救世主」で、仲間サポーター人数分、自分チームの戦闘力が1000ずつアップするので、

デッキに「的確なアシスト」を入れて、アタックエリアにHG8-12孫悟空のみ2段目に出せば、

ちょうどヒーローエナジーが10個溜まります。

「ヒーロー降臨ユニット」が発動しやすくなりました。

105671808

 

HG5-58スーパーベビー2

「究極の寄生生命体」で、敵アタッカー人数分、自分チームの戦闘力が1000ずつアップするので、

うまく使えば戦闘力が稼げるかも?

105671934

 

HG6-45ブロリー 悪魔の超戦士

1人出しすると、ガードが敵アタッカー人数分×1500アップするので、より使いやすいかも?

105671889

 

HGD7-37魔人ブウ:善(世界チャンピオンの親友)

ガードが敵アタッカー人数分×1000アップするので、アタッカーが増えれば、より硬くなります。

105633694

 

 

力の同調 HGD5-27セル

枠がたくさんあるので、複数毎「力の同調」を入れることができます。

同じバトルタイプの「力の同調」を4枚入れれば、8000上がることになります。

105633808

 

カードが2枚増えて、いろいろ可能性が広がりましたね。

おまけ

スーパーヒーローライセンス

スーパーヒーローライセンスは、バナパスポートカードと変わらないみたいです。

ロケテ版の筐体で、バナパスポートカードが利用できると表示されているので、

本番筐体でも使えると思います。

たぶん、相互利用可能なAimeも利用できるんじゃないかな?

バナパスポートカードは、「ドラゴンボールゼンカイバトル」や、

「太鼓の達人」、「鉄拳」などを扱っているゲームセンターなどで売っていると思います。

値段は300円だったと思います。

スーパーヒーローライセンスセットは、アバターカードも付いてくるので、

アバターカードが欲しい人は、スーパーヒーローライセンスセットを、

アバターカードがいらない人は、バナパスポートカードを買うといいと思います。

バナパスポートカードは、バナパス公式HPで、登録しておくと、

紛失や、破損しても、新しいバナパスポートカードにデータを移すことができます。

サーバーのほうにも、データを持っているからだと思います。

ちっちゃいお子さまには、うれしい仕様だと思います。

バナパス公式HPで、登録していないと意味がないので、登録することをおすすめします。

バトルアプリ

バトルアプリは、バッジやロボパーツと違って、バトル開始前に選択するのではなく、

発動ラウンドごとに選択するようになっています。

敵の出方によって、使用するバトルアプリが変更できるので、対戦がより熱くなるかもです。

ではでは、