あけましておめでとうございます。

世間は新年、カードは新制限、アニメはクライマックス。

激動の最中リリースされるMAXIMUM CRISISよりカードを紹介します。

 

 

112135430

《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》

融合・効果モンスター

星1/風属性/鳥獣族/攻1000/守   0

「LL-アセンブリー・ナイチンゲール」+「LL」モンスター

 

(1):元々のカード名に「LL」を含むXモンスターを素材として

このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。

そのモンスターが持っていたX素材の数だけ、このカードのレベルを上げる。

 

(2):このカードの攻撃力はこのカードのレベル×500アップし、

このカードは他のカードの効果を受けない。

 

(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。

このカードのレベル×500ダメージを相手に与える。

 

・悪夢再び!?

カード名に『LL』を冠し、その効果も『LL』に関する効果を持ったモンスターです。

ステータスを見れば特筆すべきものがなく、むしろ貧弱とも言える数字ですが。

一つ一つ追っていきましょう。

 

108280151  85744858

《十二獣タイグリス》《グリード・クエーサー》

 

1つ目のテキストは自身のレベルを上げる効果です。

融合素材になったエクシーズモンスターのエクシーズ素材の数だけレベルを上げるという

若干回りくどい言い回しとなりますが…。

その融合素材に《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》という

エクシーズモンスターを指定するため、自然に効果を適用できます。

また片方の融合素材も『LL』という指定なので、

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》を2体揃えて融合することも可能です。

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》はレベル1モンスターを2体以上でエクシーズ召喚でき、

多くのエクシーズ素材を携えて特殊召喚することが可能です。

 

 

88097924  74154057

《ザ・カリキュレーター》《No.86 H-C ロンゴミアント》

 

2つ目のテキストは、レベルの分攻撃力を上げる効果と、

他のカードの効果を受けないという効果です。

1つ目のテキストが、ここで活きてきます。

エクシーズ素材なく融合した場合は、

1500という下級アタッカーにも満たない攻撃力となってしまいます。

しかし素材があればあるほどアップするので

《LL-アセンブリー・ナイチンゲール》を最低数で2体特殊召喚するなら

エクシーズ素材は4つ。

攻撃力が2000アップとなり

《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》の攻撃力が3000に。

この高い攻撃力が用意できた時、

戦闘で破壊しづらく他のカードの効果を受けないという無敵状態になります。

《No.86 H-C ロンゴミアント》のようにターン経過で攻撃力がダウンせず、

《合神竜ティマイオス》のように戦闘で相打ちも難しく。

このカードを単純な攻撃力で圧倒しないと除去できないためです。

 

 

108280106

《WW-ウィンター・ベル》

 

3つ目のテキストはバーン効果。

ここまでのすべての効果が嚙み合った効果として過言でないかもしれません。

レベルの分だけ500ダメージを与えることができます。

この手の効果にありがちな、召喚成功時や誘発する条件ではなく、

自分のメインフェイズに任意で、更に毎ターン発動することができます。

《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》の攻撃力が低い場合は

必然的に与えるダメージも小さくなりますが、

攻撃力が高い場合は毎ターン数千ものバーンダメージを与えることができます。

仮にエクシーズ素材を6つ含んで融合召喚できたとすればレベルが7になり、

元々の攻撃力1000にアップする3500を足して4500。

バーンダメージは3500となり、8000に達することができます。

 

80150999

《簡易融合》

 

レベル1モンスターを6体と『融合』カードが必要と考えると現実的なコンボではないのですが。

《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》は融合モンスターであること以外、

正規の手順で召喚が必要であったり、

融合召喚でない場合に効果を発揮できなかったり、という制約はありません。

低レベルなことが幸いして《簡易融合》で特殊召喚することが可能です。

単に《簡易融合》で特殊召喚した場合、

戦闘で簡単に除去可能な500バーンのモンスターとなってしまいます。

そこで現れるのが《The tyrant NEPTUNE》というカードです。

 

92853916

《The tyrant NEPTUNE》

効果モンスター

星10/水属性/爬虫類族/攻   0/守   0

このカードは特殊召喚できない。

このカードはモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚する事ができる。

このカードの攻撃力・守備力は、アドバンス召喚時にリリースしたモンスターの

元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値分アップする。

このカードがアドバンス召喚に成功した時、

墓地に存在するリリースした効果モンスター1体を選択し、

そのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。

 

簡単に言うとアドバンス召喚したときに、リリースしたモンスターをコピーする効果です。

ただ嚙み合い方が凄まじいのです。

召喚方法を見れば《簡易融合》で召喚権を消費せずにリリース要因を用意、

アドバンス召喚することが可能です。

そうして召喚された《The tyrant NEPTUNE》はまず

《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》の攻守を得ます。

攻撃力が1000で守備力が0なので、

《The tyrant NEPTUNE》の攻守は1000にしかなりません。

そこから《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》をコピーします。

《LL-インディペンデント・ナイチンゲール》の2つ目の効果を

《The tyrant NEPTUNE》に置き換えると、

レベル10なので攻撃力5000アップ!

先に得た攻撃力に足して6000!そしてバーン効果もレベル10なので5000ダメージ!

これだけでも凄いですが、この《The tyrant NEPTUNE》は

他のカードの効果を受けない、という効果もコピーするのです。

 

 

107212587  80289314

《海亀壊獣ガメシエル》 《D.D.クロウ》

コピーする効果は誘発効果でチェーンブロックが発生し妨害できるタイミングがあり、

戦闘や効果に無敵とはいえ『壊獣』による除去は免れません。

また《神の通告》など採用率が高いカードで対処が可能です。

ただ《簡易融合》と《The tyrant NEPTUNE》を揃えるだけで可能なコンボ。

真のロマンが此処にある気がします。

(執筆時に判明しているテキストやルール裁定に基づいています。

使用する際は最新のルールを確認するようにお願いします)

 

 

112135405

《EMガトリングール》

融合・効果モンスター

星8/闇属性/悪魔族/攻2900/守 900

「EM」モンスター+レベル5以上の闇属性モンスター

「EMガトリングール」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 

(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。

フィールドのカードの数×200ダメージを相手に与える。

このカードがPモンスターを素材として融合召喚していた場合、

さらに相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、

そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

・専用デッキにとどまらず

融合素材に『EM』を指定しつつ、その相方にレベル5以上の闇属性モンスターを指定。

カード名称から属性、レベルまで縛る融合素材で、

特定のデッキが使用と思えますが…可能性を感じました!

 

 

74154041

《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》

闇属性レベル5以上と言われれば、

屈強なモンスターを連想するのではないでしょうか。

古くで言えば《ブラック・マジシャン》や

一世を風靡した《ダーク・アームド・ドラゴン》に《邪帝ガイウス》。

遊戯王の世界観も手伝ってエースモンスターが多く存在します。

第一に意図するところは《オッドアイズ・ドラゴン》や

《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を内包する今回の主人公デッキが考えられます。

 

 

90942697  83469422

《EMドクロバット・ジョーカー》 《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》

 

そのため『EM』デッキや『オッドアイズ』、

『ペンデュラム・ドラゴン』デッキでの採用に伴い、

選択肢を広げるカードになりそうです。

既に登場している『ペンデュラム・ドラゴン』融合モンスターと融合素材を共有できるため、

盤面によって《EMガトリングール》を特殊召喚する選択もできそうです。

 

 

69352199  74245737

《No.61 ヴォルカザウルス》 《仕込みマシンガン》

 

攻撃力2900と上級モンスターとして申し分ない攻撃力。

融合召喚した際にバーンダメージも与えます。

比較的優秀な効果とはいえ、このカードを狙ってデッキを組むのは心もとないかもしれません。

前述したように無理のない選択肢として採用が強みと言えます。

また『EM』モンスターはペンデュラムモンスターであることが多く、

すべての効果を適用することが可能です。

高攻撃力、バーン、破壊、更にバーンと引導火力となりえます。

 

59447769  104512344

《魔聖騎士ランスロット》《EMシール・イール》

 

何かしら『EM』を出張採用していて、

なおかつレベル5以上の闇属性モンスターがいるなら、いかがでしょうか。

『聖騎士』にはレベル5以上で闇属性となるモンスターがちらほらといます。

また融合の兼ね合いでいうと、通常モンスターとして扱うモンスターがいるため

《始祖竜ワイアーム》もお供にどうぞ。

あの《The tyrant NEPTUNE》に対抗できる札ともなりえます!

 

マキシマム=最大値、クライシス=危機…その名の通りのパックになりそうです。

自身にとって最大の危機となるのか、あるいは最大の好機に転じられるのか…楽しみです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。