遂に始まった新たな遊戯王。

定期的なリミットレギュレーションに加え、

此度の転機は新マスタールールを伴わせる新境地。

そうかと思いきやリンクモンスターは鳴りを潜め。

ユーザーの多くは既存の構築でリンク召喚に頼らず戦えるデッキを選びました。

儀式を始め純粋な攻撃力で打倒する『青眼』や、

エクストラデッキを介しない『バーン』デッキ。

今回は、その中でも前環境から変わらぬ強さを誇る

『真竜』を意識しつつ視野を広げてみます。

 

 

 

97118653

《アンデットワールド》

フィールド魔法

このカードがフィールド上に存在する限り、

フィールド上及び墓地に存在する

全てのモンスターをアンデット族として扱う。

また、このカードがフィールド上に存在する限り、

アンデット族以外のモンスターのアドバンス召喚をする事はできない。

(アドバンス召喚を封じる二番手に留まらず、副産物もあり)

《生贄封じの仮面》と同様に

『真竜』デッキの要であるアドバンス召喚に対するメタカード。

フィールド魔法であるため発動しておくことが必要で

《生贄封じの仮面》のような奇襲性を持ちえず、

採用の優先度はどうしても見劣りしてしまいます。

しかし現状は冒頭で述べたように『真竜』を使用するプレイヤーが多く、

対戦機会が増えることから4枚目の《生贄封じの仮面》として採用が検討できます。

 

 

116383919

《星杯神楽イヴ》

(種族と属性が違う素材条件はどんなデッキでも召喚できる反面、

統一されたデッキに向かない)

今後登場するリンクモンスターはリンク素材に種族や属性を指定する傾向があります。

シンクロやエクシーズと違いレベルを指定できない分、

種族や属性に求めるのは必然といえるデザインかもしれません。

『真竜』+αのメタカードとして機能できるサイドカードの候補にいかがでしょうか。

 

 

67071245

《ライト・バニッシュ》

カウンター罠

自分フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。

モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にし破壊する。

(ライトロードの再登場に合わせて今後の活躍にワンチャン!?)

『ライトロード』に関する効果を持ちながら

《昇天の角笛》の下位互換となっているカード。

 

CODE OF THE DUELISTで新たに登場する

『トワイライトロード』の恩恵を受けたいですが、

このカード名には『ライトロード』すら含まれず…。

しかし、効果を見れば召喚の無効であり、

アドバンス召喚に成功した時に耐性を得てしまう『真竜』に対して有効です。

また無効にするため蘇生制限を満たせず、

墓地からの再利用が求められるリンクモンスターの無力化に一役買ってくれそうです。

繰り返しますが、どうしても《昇天の角笛》の下位互換であることは否めません。

《ライト・バニッシュ》を含めた6枚体制にするなどして、

召喚無効に尖らせると面白い動きができそうです。

 

 

91449992

《キックバック》

カウンター罠

モンスターの召喚・反転召喚を無効にし、

そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

(強力な召喚無効とはいえ、アドバンテージを生み出せないカードは敬遠しがちですが…)

特殊召喚に対応せず、エクストラデッキからのモンスターにも無力な1枚。

またモンスターの召喚を妨害するのであれば

《強制脱出装置》や《奈落の落とし穴》など、

タイミングを選ばなかったり、再利用をさせたりしないカードがあります。

そこで『真竜』は確かに強力ですが、

魔法や罠など使い切りのカードをリリース要員にするため、

バウンスしただけでもアドバンテージを取ることができます。

またカウンター罠であるため、

召喚成功時に耐性が付与されてしまう『真竜』を無力化できます。

 

 

116383910

《星杯の妖精リース》

(強力なデッキでも1枚のカードに頼るデッキは多い)

手札に戻すため1体1交換が難しいですが、無効=効果を発動させない点は

《激流葬》や《聖なるバリア -ミラーフォース-》など

汎用性が高く大量破壊が可能な罠と差別化できます。

起点を止めることにより初動を遅らせ勝利につながるかもしれません。

 

 

80269309

《マクロコスモス》

永続罠

このカードの発動時に、手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。

また、このカードがフィールド上に存在する限り、

墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外される。

(墓地を封じるなら墓地に送らなければよい、という基本)

《真竜皇の復活》のように墓地へ送られ発動する効果を封じ、

カードを墓地に送らない行為が《真竜剣皇マスターP》の破壊効果を防ぐことにもつながります。

遊戯王は墓地を使うカードゲームであるため、

デッキとのシナジーを考えなければ除外は単純に強力です。

 

 

 

116383893 116383877

《星杯剣士アウラム》《星杯戦士ニンギルス》

(墓地に送られたとき、また墓地を及ぶ効果を持つ)

新たに登場する『星杯』デッキは、

墓地へ送られたときに発動する効果を共通して持っています。

継続して環境に食い込むであろう『真竜』を対策しつつ、

『星杯』対しても有効な1枚としてどうでしょうか。

 

 

90381825

《御前試合》

永続罠

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、

お互いのフィールドにそれぞれ1種類の属性のモンスターしか表側表示で存在できない。

お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの属性が

2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない。

(属性が統一されていないデッキへ思い浮かぶ1枚)

採用されるモンスターのほとんどが『幻竜族』が占める『真竜』。

しかし、その属性は多岐に渡ります。

『真竜』側は魔法や罠をリリースすることで制約を回避することもできますが、

いずれにしても戦略の幅を絞ることになります。

 

 

 

116383943 116383942

《星杯に誘われし者》《星杯に選ばれし者》

環境を騒がせた『十二獣』は属性と種族が共通していましたが、

今後も登場が見込まれる『星杯』デッキはそれらがばらけています。

現時点でも判明しているリンクモンスターは素材の縛りが強い傾向があります。

そのため種族や属性に介入するカードは今後も長く使える可能性が高いです。

 

 

 

如何にして新環境を乗り切るかと思いきや、

蓋を開けてみれば越えずに現状のまま適用できるものが取捨選択されました。

ある程度、道筋が見えた環境ではありますが新弾を控える状況。

熟考するにも早計と言われそうですが…新カードが強いのは常とはいえ、

一方的に強いのではなく、既存のカードや立ち回りによって戦えるデザインであるはず。

今回の記事は傾向を読んだと言いつつも、

そうあって欲しいという希望的なものに近いのかもしれません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。